蔵人に愛のクリックを!⇒◆人気ブログランキング◆

【お知らせ】
おかげさまで澤姫は大吟醸世界一の称号「チャンピオン・サケ」を受賞しました。
インターナショナルワインチャレンジ2010(開催地:ロンドン) SAKE部門「吟醸・大吟醸の部」

蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター◆sawahime164◆

弊社ホームページからのメールフォームが、
システム移行の都合により現在使用できなくなっております。
お手数をお掛け致しますが、お問い合わせは お電話(028-673-2350)
またはFAX(028-673-2158)にてお願いいたします。

2013年01月21日

facebookに移行中です。

澤姫の最新情報は、現在facebookにて公開しております。
https://www.facebook.com/hiroshi.inoue0616
posted by 蔵人ひろし at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ダブル受賞。みなさまに感謝。

311tochigi-B_050.jpg

こんばんは。蔵人ひろしです。

今日はひさびさに蔵から嬉しいニュースのご報告です。



今年度の全国新酒鑑評会の結果が、つい先日発表になりまして

おかげさまで金賞をいただく事ができました。

(平成22酒造年度全国新酒鑑評会 入賞酒一覧表はこちら)

澤姫 大吟醸_025.JPG

今年は震災の影響で、

栃木県内での予備審査会等がやむなく中止になったリと

正直、不安要素も多かったんですよね。

鑑評会の開催や、出品する事自体の是非も問われた年でもありました。

しかしながら、原料米に県産米を100%使用したお酒を出品する事で、

僕たち自身ももちろんですが、

少しでも地元の皆様の励みになることができればと考え挑戦しました。

結果、このような最高の賞を頂いた事を大変嬉しく思っています。




また、今回の全国出品に当たっては、栃木県内の多数の蔵元が、

おとなり群馬県の若手蔵人研究会「醸衆会」の皆様、

群馬産業技術センターの先生方から暖かい友情支援を頂きました。

審査会や検討会ができない僕達を自県の審査会に何度も招いてくれたり、

歯に衣着せぬ正直な意見を伝えてくれたりと、ホント感謝しまくりです。

この場を借りて御礼申し上げます。




そして、今回の震災で特に深刻な被害があった

宮城県、福島県、山形県を筆頭とする東北勢が

今年も素晴らしい成果をあげられていらっしゃいました。

中でも宮城県さんは、

我々などはるかに及ばない程の様々な不利があったかと思いますが、

金賞受賞率85%という驚異の数字を叩き出すなど、

地酒王国・東北健在をみごとに示す結果となったと思います。

あらためて敬服でございます。





それと、もうひとつ報告なんですが、

2月に出品していた、ロンドン開催の世界最大級の酒類コンテスト

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2011(IWC2011)」

こちらも先日、結果が発表になりまして・・・

iwc2011results.jpg

「澤姫 大吟醸 真・地酒宣言」が、2年連続のゴールドメダル受賞でございましたよ。

正直ぶったまげました。目を疑いました。

(INTERNATIONAL WINE CHALLENGE 2011 公式リザルトはこちら【英文】)

(日本語版「酒サムライ」でのIWC2011結果発表サイトはこちら)

SAKE部門は今年で5年目。出品点数も468銘柄と大きく増加したようです。

結果を見ると、特に「吟醸酒・大吟醸酒の部」は激戦だったようですね。

そんな中、今年も名だたる銘醸蔵さんの間に澤姫も名を連ねる事ができ、

大変光栄に思っとります。正直できすぎです。カラダの芯から震えました。





今年は昨年と少々システムに変更があり、

6月下旬に「純米酒の部」「純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部」

「本醸造酒の部」「吟醸酒・大吟醸酒の部」「古酒の部」の5つのカテゴリーにて

ゴールドメダル受賞酒の中から、さらに上位賞『トロフィー』受賞酒が発表になり、

全てのカテゴリーのトロフィー受賞酒の中から、

9月に最高賞『チャンピオン・サケ』がたったひとつだけ選ばれるとの事。

もちろんチャンピオンの発表の場はイギリスのロンドン。あの夢の舞台です!

468銘柄の頂点に選ばれるのは、果たしてどの銘柄なのか?

自分達の受賞うんぬんは抜きにしても、ひとりの日本酒ファンとして興味深いですね。

願わくば、僕ももう一度あの舞台に行ってみたいなあ・・・。

まあ、あんまり期待しないで今後の発表の時を待ちたいと思っています。

去年の結果は出来過ぎだったからね。




さてさて、今日はこれから広島出張です。

全国新酒鑑評会の公開きき酒会に行って来ます。

今年も衝撃的な美酒との出会いがあるといいなあ。楽しみですね。

只今深夜2時過ぎ。出発は7時半。

・・・まだ荷物すらまとめていない僕ですけど(*´д`*)




あ、そうそう・・・

DSC01107_015.JPG

おかげさまでムスメ・ムスコ共に元気です。またまたでっかくなりました。

ここ数カ月、色々とこの2人の行動には励まされました。

いつまでも恥ずかしくないとうちゃんでいたいと思います。



◇◆◇蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター【sawahime164】

■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 02:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

改めて今、僕達にできること。

こんにちは。蔵人ひろしです。

311tochigi.jpg

この度、下野地酒「澤姫」醸造元 株式会社 井上清吉商店は

震災と風評被害に苦しむ栃木県内農業を支援するための活動

「栃木を食べよう がんばろう東日本!」プロジェクトに参加表明いたしました。


(以下、プロジェクトHPから抜粋)

私たち、「栃木を食べよう がんばろう東日本」プロジェクトでは、
東日本大震災の影響と、福島原子力発電所事故による風評被害で、
二重の苦悩に直面している県内農業を支援するための活動として、
「栃木を食べよう がんばろう東日本!」活動を立ち上げ、
ここに展開してまいります。

平成23年3月11日に発生した、東日本大震災は、
近年にない未曾有の災害となりました。本震災だけではなく、
その後のライフラインの混乱、
そして原子力発電所の事故というように幾重にも重なる災害が、
今回の被災状況を深刻なものとしました。

この震災は、有数の農業県を誇る
私たち栃木県内の農業にも甚大な影響を与えており、
本震災とその後の風評被害により、
計り知れない深刻な影を落としております。
そのような経緯から、私たち栃木県民自身の力で、
県内農業の支援をするべく、今回の活動を開始するに至りました。

私たちに今できることは、
こうした県内農業の実情を正確に理解し、
今こそ栃木県産の農産物を、
栃木県民である私たちが消費をすることを通じて、
県内農業を支援することではないでしょうか。
また更には、このようにした経済活動の循環を通じて、
少しでも、間接的にでも
被災地の応援が出来る機会を増やしていく時期ではないでしょうか。
どうか、皆様におかれましても、
栃木県産農産物や農産加工品等の消費活動を通じた、
県内農業支援と被災地復興支援活動に対して、
温かい支援とご協力を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

まずは早速、一人ひとりの小さな活動からはじめて見ませんか?


(以上)


ちなみに現在、海外輸出でも、福島・栃木・群馬・茨城・栃木・千葉の5県に関しては、

ほぼ全ての諸外国から名指しで食品関連品の輸入停止措置を取られている状態です・・・。




澤姫ではご存じの通り、

「真・地酒宣言」という製造コンセプトを掲げ、

全製品の原料米に100%地元・栃木県差米を使用しています。

この現状の中、僕達にできるベストの選択は、

原料となる食品の安全性をアピールした上で、

今まで通り堂々と栃木県産米を100%使い続けることにより、

微力ながら地元の農業を応援し、地元経済の復興を支援し、

過剰反応となりがちな風評被害を吹き飛ばし、

結果的に東日本大震災被災地への支援に繋げていくことであると考えます。



そして今後、県産米を100%使用する以外にも

企業として具体的にどのような活動ができるかは現在検討中ですが、

積極的に取り組んでいきますので、ご理解の程を宜しくお願いします。

You'll never walk alone. You'll never drink alone. つながろうニッポン!




んで、最後に告知です。

toji-gazou_015.jpg

栃木県酒造組合主催首都圏試飲イベント

新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2011」開催決定です!

開催の是非も含め慎重に協議いたしましたが、

あえて今、このような時期だからこそ開催することに致しました。

日時は5月11日(水) 会場はシアター1010(北千住駅となり)

僕達とちぎの若手蔵人にできる、精一杯のおもてなしでお迎え致します。

第2部立食パーティでは、今年ももちろん

とちぎの食材をふんだんに使った、おつまみ形式のお弁当も付きますよ。

チケットはe+(イープラス)にて好評発売中!

皆様、元気なとちぎの酒を、元気なとちぎの食を味わいに来て下さい!




◇◆◇蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター【sawahime164】

■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

さーて

いつまでもヘコんだままじゃいられねえ。

復旧・復興に向けてブースト掛けて頑張りますか(`・ω・´)

110412_152533_070.jpg

今日はルンバのユミコ姉さんに頂いた手造りケーキも喰ったし

元気百倍アンパンマン。

余震なんかにゃ負けねえぞ。風評被害なんてアーンパンチ!

とちぎの農家さん、僕らは絶対地元・栃木県産米使い続けるよ!

今年も良いお米、期待してますぜ!


◇◆◇蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター【sawahime164】

■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

あれから1ヶ月・・・

こんばんは。蔵人ひろしです。

早いもので、あの3.11の東日本大震災から早くも1ヶ月なんですね。

改めて今回の震災で犠牲になられました方々のご冥福をお祈りするとともに、

被災地の方々に心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。





気象庁等の報道発表資料を改めて見てみると、驚愕のデータが。

『平成23年(2011年)東北太平洋沖地震(M9.0)の強振動について(pdf)』
『「平成23年東北地方太平洋沖地震」により各地で観測された震度について(pdf)』

aa.jpg
(※画像はクリックで拡大されます)

宇都宮市白沢町・・・って、ウチの住所そのまま。

宇都宮が震度6強だったのは知っていましたが、まさか観測地が直近だったとは。

そりゃ蔵も壊れるよなあ。





でも逆に考えれば、あの阪神・淡路大震災に準じるレベルの揺れがあったのに、

ご近所も含めて人的被害がなかっただけで幸いだったとも思えます。そう思いたい。

何より、津波の被害がない僕達が、

愛する家族を失ったわけでもない僕達が泣き言を言う訳にはいきません。

日本復興の為に、皆で手を取り合って努力・貢献していかねば。

風評被害などにも立ち向かっていかねば。






震災から1ヶ月経ったとはいえ、今も余震はまだまだ続いています。

昨日、今日にかけて大きいクラスが何度も来ていますね。

特に宮城県・福島県・茨城県・岩手県沿岸部の被災地の方々に関しては

余震による津波警報も度々発令されているようですし、

まだまだ原発も不安定な状態が続いておりますので、ご心労お察しいたします。

1日でも早く平穏な日々が戻ります事を願ってやみません。




頑張りましょう、ニッポン!

posted by 蔵人ひろし at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

さようなら、煙突


DSC00987_025_050.JPG

一昨日から、今回の地震で傾いてしまった

酒蔵大煙突の解体作業が始まりました。

上部は北側に傾き、根元南側に大きくクラックが入ってしまった為、

余震が続く現在、早期の解体やむなしという判断に至りました。




永年に渡り蔵の歴史を見守り続けてくれた

シンボル的存在の大煙突を壊すってのは寂しい限りですが、

社員・蔵人一同一致団結して、

これから再び新しい「澤姫」の歴史を

皆様とともに、一歩一歩積み重ねていきたいと思います。




そしていつの日か再び、

日本人がまた笑顔で酒を酌み交わせるその日の為に、

少々時間はかかるかもしれませんが、その他諸々の蔵設備の復旧も急ぎ、

今後とも高品質の 「ニッポンの国酒」 造りに努力していきたいと思います。





煙突さん、お疲れさまでした。今までありがとね。
posted by 蔵人ひろし at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

栃木愛っすよ栃木愛!

こんばんは(・∀・)ノ

新春早々、そこはかとない筋肉痛に悩まされてる蔵人ひろしです。

・・・年末年始のソロ蔵人活動がこたえたのかしら?

う〜む。年は越しても歳は取りたく無いもんですなあ(苦笑)




さてさて、先日のNHK総合「こんにちはいっと6けん」をご覧頂いた方々から、

お電話・メールなどで多くの感想のオコトバや激励のオコトバを頂いております。

大勢の方に見て頂いたようでホント嬉しく思います。大感謝。

本放送後はしばらく会社の電話が鳴りやまなかったみたいです。さすがNHKさん。

僕らでもこれだけの反響をいただいてるんだから、

昨年末、あの国民的ご長寿番組「NHK紅白歌合戦」に出ちゃった

僕の同級生の蔵・佐賀県の「天吹」さんはさぞかし凄いコトになってるんだろうなあ。

うらやましいぞ木下大ちゃん。そしてちょっと尊敬。




僕らが取材を頂く度に、毎回のように尋ねられる質問があるんです。

「原料米や酵母など、すべて栃木産素材にこだわるってのはハンディにならない?」

いえ、全くハンディだと思ってません(笑)

確かに、最高級のお酒を造る上で、酒米の王ともいわれる兵庫県産「山田錦」など、

全国から最高級といわれる原料を集めてきて使うってのは、

企業として妥協のないひとつの姿であり、高級酒造りの完成形のひとつでしょうから、

そういった他社の酒造りに対して、僕は全く否定はしていません。

むしろリスペクトすら覚えます。





でも、僕は栃木県産米を始めとする地元産素材って、

他県産の有名品種に決して劣らない最高級のクオリティを持ってると思ってるんですよ。

あとね、僕らのふるさとの厳選素材を使ってるっていうのは、

自分を奮い立たせる最大のエネルギー源になってるんです。

僕らの手で、地元の産物が最高だってのを証明したいんですよね。

だからこそ最高のステージに上げてやりたい。それが僕らの「オンリー・ワン」。

まあ・・・正直なハナシ、今のへなちょこ杜氏の僕じゃ、

もし山田錦等の県外産最高級の原料を使ったとしても、

たぶんいいお酒はできないんじゃないかなって思ってます。たぶんね。

プロ失格になるかもしれませんが、きっと自分の中でモチベーション上がんないから。





『地酒を造る』

たった一言で書けちゃう僕らのオシゴトですが、その姿勢には十人十色っていうか、

全国各地津々浦々で様々な 『解』 があっていいんじゃないかなって思います。

僕らの業界では「酒屋万流」ってコトバがあります。だからこそ地酒は楽しいんだ。

そして、「澤姫を動かしているエネルギーは何?」ってもし聞かれたら、

きっと胸を張ってこう答えます。 『地元愛だよ、地元愛。』



DSC00811_010.JPG

今回の取材を担当してくれたNHK宇都宮・佐藤美絵キャスターとの一枚。

今回の取材後記もブログに書いてくれてます。どうもありがとうございました。

んで、彼女も毎回グリスタ行ってる程サッカー大好きなんだってさ。

だからこんな写真取っちゃった。これも地元愛、栃木愛っすね。うんうん(*´∀`)



◇◆◇蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター【sawahime164】

■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

謹賀新年!

あけましておめでとうございます(・∀・)ノ

今年の初夢が18禁ストーリーだった蔵人ひろしです。

・・・我ながらアホな夢を見たもんです。内容はとても言えません(*´д`*)


DSC00803_010.JPG

お正月。杜氏の僕にとっちゃなかなかお正月休みってのは取れないんですが、

やっぱりおめでたい気分になりますよね!除夜の鐘を聞くと嬉しくなるもんです。

清々しい気分で初詣に出かけ、凛とした姿勢で良酒醸成の祈願をしてまいりました。

蔵元・蔵人一同、更なる美酒醸成に向けて一層の努力をしてまいりますので、

今年も下野地酒・澤姫をどうぞ宜しくお願い致します!



DSC00800_015.JPG

蔵の中では、もの静かではありますが新酒も順調に力強く育っております。

今年1本目の大吟醸も搾りの日が近づいてきました。

あえて香りと甘さのレベルを従来より穏やかにし、吟醸香のみに頼らずでも

より気品あふれる美酒になるよう設計した今年の大吟醸1本目。

今のところ想定通りに進んでいますので出来上がりが楽しみですね。

発売開始は順調ならば2月アタマの予定です。どうぞご期待下さい!



DSC00810_010.JPG

また、宇都宮周辺ローカルネタではありますが、

先日、取材をして頂いた宇都宮市の公式広報紙「広報うつのみや」1月号と

地元情報フリーペーパー「TonTon」さんにウチの蔵が取り上げて頂いております。

両方とも元旦発行なもんですからビックリしましたね。

しかも、恐れ多くも「広報うつのみや」さんには、表紙とインタビューコーナーの

ダブルで扱って頂きましたので、ちょっとしたお年玉気分です。

それと、残念ながら僕の家では見れないんですが、

宇都宮ケーブルテレビさんのオリジナルチャンネル(ch.111)にて、

現在、年始特番『2011年新春座談会』というタイトルで、

宇都宮市長・佐藤栄一氏と、

地元プロ自転車ロードレースチーム・宇都宮ブリッツェンの砂川幹夫社長、

そして僕・井上裕史の座談会の様子がヘビーローテーションで放映されているようです。

収録時は偉大なお2人とご一緒させて頂き、場違い感タップリでしたよ。ハイ(笑)

それぞれ観れる環境の方、どうぞ宜しければご覧下さいね!




そうそう・・・テレビの件でひとつ告知です。

1月5日(水)昼11:05〜放送のNHK総合の番組

こんにちはいっと6けん
の1コーナーで

ちょっとだけ澤姫の酒造り、現在の蔵元の取り組みの件が紹介して頂ける予定です。

首都圏ローカルなので、関東地方在住の方はご覧いただけると嬉しいです。

たぶん、ほんの数分のオンエアだと思いますので、

よそ見してると見逃しちゃうかもしれませんのでご注意下さい(笑)




そんなワケで、新春一発目のブログから告知ばかりで恐縮でございましたが、

今年も当ブログもどうぞ宜しくお願い致します!

皆様にとって2011年が素晴らしい年となりますように!


P.S. 絵心もすこしは身に付けないと子供に愛想尽かされてしまうなあ・・・。

DSC00804_010.JPG


◇◆◇蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター【sawahime164】

■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 21:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

さらばだ2010年!

こんばんは(・∀・)ノ

ブログ更新しなくちゃイカンな〜って毎度毎度思いながらも、

酒造りの忙しさにかまけて放置しまくっちゃいまして、

気が付いたら年の瀬を迎えちゃってた蔵人ひろしです。

来年の目標は・・・ブログ更新頻度の向上です。ハイ(`・ω・´)





uji.jpg

さてさて、地元・とちぎ出身のこちらの某偉人方のおかげで、

今や全国レベルで有名になっちゃってる飲み物があります。

・・・残念ながら澤姫じゃありませんがね。当たり前ですが。

今日、年の瀬の買い出しに久々にスーパーに行ったんですけど、

DSC00796_015.JPG

姉妹品デキテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

・・・って、もうとっくの前からあったのかな?

最近蔵にこもった生活を送ってるんで、シャバの動向を全く持って知りませんでした。

しかも従来製品・レモン牛乳の最大のウリ(?)は、

レモンと牛乳という想像を絶するミスマッチの妙と「無果汁」ってとこにあったのに、

今度のイチゴ牛乳は果汁3%だぜ! 栃木乳業さんの本気を感じるZE!

ん・・・でも冷静に考えりゃ普通にイチゴミルクってコトか?

まあいいや。愛する地元・栃木の新名物ができたことには違いねえ。

さっそく購入してレビューすんべ!・・・と思ったらムスメに飲まれちゃいました(笑)

なにはともあれ、全国の皆様要チェックですぞ〜!




インターナショナル・ワイン・チャレンジでの最高賞「チャンピオン・サケ」受賞など、

澤姫にとっても色々あった2010年ですが、いよいよあと数時間でお別れですね。

バタバタとした毎日を送っていましたが、おかげさまで充実した年となりました。

本年も下野地酒 澤姫のご愛顧をありがとうございました。心より御礼申し上げます。




今回のIWC2010チャンピオン受賞酒「澤姫 大吟醸 真・地酒宣言」をはじめ、

現時点で「澤姫 純米吟醸 真・地酒宣言」や「澤姫 吟醸酒 真・地酒宣言」、

「澤姫 きもと純米 真・地酒宣言」や限定流通製品の無濾過生原酒シリーズなど、

完全手造りなんで、もともと数量が少ないってコトもありますが、

年の瀬の大需要期だっていうのに主力製品が完売してしまい、

いろいろと皆様にはご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありません。

DSC00702_015.JPG

DSC00775_015.JPG

DSC00736_015.JPG

DSC00754_015.JPG

現在、一生懸命造ってますのでもう少々お待ち下さいね!

大吟醸および吟醸酒は1月下旬〜2月上旬、純米吟醸は1月中旬〜下旬を目安に、

無濾過生原酒シリーズは準備が整い次第、順次新酒製品にてリリースいたします。

どうぞ宜しくお願いします(*´∀`)



また現在、本年度の新酒製品も好評発売中であります。

澤姫新酒_025.JPG

辛口食中酒タイプの「澤姫 特別純米しぼりたて生」(黒ラベル)と

甘口微発泡タイプの「澤姫 本醸造にごりざけ生」(白ラベル)の2種類!

もちろん地元・栃木県産米100%使用のお酒です。ぜひお試しくださいね!




DSC00078_015.JPG

DSC00795_015.JPG

最後に、ムスメ・ムスコともに元気です! やんちゃすぎて困ってます(*´д`*)

なかなか更新しない当ブログともども、来年も生温かい目で見守ってあげて下さい(笑)

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい!!



◆◇◆蔵人ひろしが・・何やらつぶやいているようです→ツイッター◆sawahime164◆

■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 22:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

ロンドンの回転SUSHI事情

こんばんは(・∀・)ノ

あれだけのチャリンコ・レースに出ても筋肉痛にならないのに、

蔵の大掃除ではカラダのあちこちが悲鳴をあげる蔵人ひろしです。

・・・やっぱり、蔵人ってけっこうハードな仕事だと思いますです。




DSC00401_015.JPG

さてさて、当ブログ9月10日のエントリーにて、

ロンドンの回転SUSHI屋さんに行った模様をチラっと書きまして、

「やっべ楽しい。詳しくは後で説明する・・。」とか書いてたんですが、

その後、説明をオサボリしてることをリアルの知り合い数名にツッコまれました。

うん。ごめんなさい。すっかり忘れてたよベイベー(*´д`*)

そんなワケで今日は、写真と記憶を頼りに思い出して書いちゃおうと思います。

読者の皆様、けっこう刺激的だけどヤケドしないでね。




DSC00314_013.JPG

今やロンドンじゃ、ノリ巻きなんかはフツーにスーパーとかで買えるような

特に珍しくない食べ物の様です。写真の中段奥が寿司コーナー。

ただしアッチじゃ黒い食べ物に抵抗があるのか、

ノリを内側にして巻いた、いわゆる「裏巻き」ってのがポピュラーっぽいですね。




そんな感じの街ですので、街の至る所に日本食レストランや高級お寿司屋さん、

回転寿司屋さんを見かけちゃうんです。んじゃココはひとつ、

ハナシのネタを仕込みに寿司ネタでもつまんでみよう

って流れで、ノリノリになった僕は

帰国直前のひととき、ヒースロー空港構内にあった

市内で最も見かけた回転寿司チェーン店に入ってみたんですよ。




DSC00430_015.JPG

やっべメニューからして圧倒的なスケール。

いかんいかん。僕はSUSHIの本場から来てるんだ。頑張れ日本代表!

ちなみに宇都宮市は人口1人当たりの回転寿司屋さんが1番か2番に多い街らしいよ。

これマメ知識ね。言わずと知れた海無し県だけどさ(笑)





さあ見せて貰おうじゃないの自慢のネタを。

日本のそれとさほど変わらないカウンター型の回転台に目をやると・・・

DSC00442_015.JPG

ど・・・どら焼き?(*´д`*)

しかも中身クリームっぽいぞ。ジャムも添えられてる?

和洋折衷DORAYAKIインターナショナル? 未知との遭遇。

助けてドラえも〜ん。

dora.jpg




イカンイカン。このままだとTKO負け喰らっちゃう。

落ち着け僕。そうだ!まずは冷静に茶でもすすってイナセに行こう!

カウンターのコックから出てくるシステムはコッチも変わんないんだね。

ん?湯呑みドコ?・・・ああ、このコップ使うのね。冷たいお茶でも出てくんのかな?



DSC00415_015.JPG

・・・炭酸水!?Σ(゚д゚|||)

コッチじゃおなじみの炭酸入りミネラルウォーターかよ!

そしてもう一本のコックからは通常のミネラルウォーター登場。

「飲み放題だぜ!でも有料な。HAHAHA!」

みたいなコトを店員のナイスガイが素敵な笑顔で言ってるし。

母さん、世界は広いです・・・。そしてこの水、ヌルいです。



DSC00434_015.JPG

ちなみに良く見回したらお茶もありました。

おお、急須で入れてくれんのか。さすが有料グリーンティー。

さっすがアフタヌーン・ティーの国。お茶へのこだわりはハンパねえぜ。

・・・と思ったら左のサーバーから熱々のを注いでくれました。

きっと美食家の海原雄山先生も放心状態になると思います。






落ち着け・・・気をしっかり持て・・・。

ここは異国だ。ナニが起きても不思議じゃねえんだ・・・。

熱いお茶をすすり、こうなりゃ日本酒でも呑んじまおうかと注文したその時、

そう・・・僕は新たなネタの宝庫に気付きました。

DSC00417_015.JPG

ぶ・・・ぶれっくふぁーすとめにゅー!?

確かに今は午前10時だぜ。日本酒呑んでるけど午前10時だぜ。

フライトの時間までまだ余裕あるんでゆっくり見てみたら、

なんだか良く判らんような混ぜゴハン風のものがあり、リゾット風のものがあり・・・



DSC00428_020.JPG

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

ブレックファースト・お好み焼き・・・だ・・・と・・? これは新ジャンル!

まあ、パンケーキの様な感じで思われてるのかも知れません。そう信じたい。

朝食に野菜をふんだんに使ったソース味のパンケーキ。

コテコテの関西人でもハードル高そうですな。

んで、隣にチラっと写ってるのはベーコン・ヤキトリのようです。

朝食にベーコンはわかりますがツッコミどころがありすぎる。そもそも鳥じゃないし。



DSC00421_015.JPG

ちなみに料金システムは日本と同じ。皿の色で価格が違うパターンね。

一番安いお皿で1.7ポンド(今の相場で220円ちょい)だからチョイ高めかな。

んで1番高いのが5ポンド(650円ちょい)。寿司と刺身の盛り合わせでした。

でもお寿司は美味しく頂きましたよ。楽しく頂きました。ファンタスティック。



DSC00427_020.JPG

こちらじゃサーモンが1番の人気メニューみたいですね。

多少アレンジが微妙な気もしますが美味しかったです。トウガラシ最強。




もちろんロンドンでも、高級なお寿司屋さんとかでは

本格的なお寿司が楽しめます。だから誤解しないでね。

日本でも大衆的な回転寿司屋さんってさ、

高級な寿司屋さんにない独特なメニューがあるじゃない?

僕は回転寿司ならではのそういうネタをポジティブに楽しんじゃう派なんで、

ヒジョーに今回も楽しめちゃいました。美味しゅうございました。





DSC00435_015.JPG

こちらが終始陽気な笑顔で僕を迎えてくれた店員のナイスガイ。

ナイスガイは僕の日本酒をお酌してくれる位のスーパー回転SUSHI店員なんだぜっ!




お会計の時、我ら宇都宮市民のソウルフード・ギョウザと

タコヤキがメニューにある事を初めて知りました。やはり流れてくるのかしら?

もちろんお世話になったナイスガイとガッチリ握手も忘れない。紳士の礼儀だ。

ロンドン回転SUSHI、奥が深いぜっ!

そんなこんなで僕のジャンク・ジャパニーズ体験は大爆笑のうちに終わりましたとさ。

もちろん、ここまでイカしてる店は他にあまり無いとも思うんだけどさ、

まあ、こんな異文化交流もタマにはいいんじゃない?(*´∀`)



■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

チャリンコレース、再び。

こんばんは(・∀・)ノ

最近、2歳のムスメに「ちちうえ〜」と呼ばれ始めた蔵人ひろしです。

うん。脱力するね。 おねだり系の時だけ言われるんだけどね。

毎日保育園でいろんなコトバ覚えてくるんで楽しいんだけどさ、

「パパおすもうさ〜ん」って言われた時はさすがにココロが折れました(*´д`*)





そうそう。つい先日、IWC事務局から表彰式のYouTube動画を頂きました。

てかもう公式HPにダイジェスト動画載ってんじゃん・・・って思いながらクリックしたら、

な、な、な、なんと、僕の表彰シーンの模様でした。嗚呼うれしはずかし。



サービスいいねえ。さすが世界のIWC。

吟醸のスペルが違ってるのは御愛嬌ですな。
(11/8追記:なんとスペルミス修正してくれたようです。凄いよIWC!!)





さてさて、蔵では酒造りシーズン突入直前で

絶賛おそうじ中の日々を過ごしている僕ですが、

昨日の日曜日はお休みを頂きまして、今年も行ってきちゃいましたよ、

茂木町のツインリンクもてぎで行われる大チャリンコレース、

もてぎ7時間エンデューロ。

DSC00684_015.JPG

スタート地点は朝の北京の街並みを彷彿させますね。「ウォーリーを探せ」みたい。

台風直撃の恐れがありましたが、なんとか雨が止んでくれてホッとしました。

今年もけんもく商店「楽酒の会」のメンバーとして4時間耐久にチームで挑戦です。

GTコースとオーバルコース合わせて1周約7キロのコースを走りまくるの。

参加者はバリバリのロードレーサーからママチャリまで様々。

しかも仮装も大歓迎というワイルドな大会なんですぜ。



DSC00691_015.JPG

去年、このレースに突然参加するハメになり(当時の詳細日記はこちら)、

いやいやながらも参加したクセに、気が付いたらMYクロスバイクを買っちまった程、

チャリンコの爽快感に目覚めてしまった僕ですが、

正直なハナシ、買ってから忙しくてあんまり乗れてないんだよね。

まあでも、新規のお得意様を見つけるキッカケとなった愛車です。

カワイイ奴です。商売でも役に立ってます。メタボ解消には役に立ちませんでしたが(笑)





ちなみに、不安なので彼も拉致していきました。

DSC00679_020.JPG

新婚さんいらっしゃ〜い。 澤姫のタモツ副杜氏です。

僕らのチーム「楽酒B」でエントリーしていた某氏が

インフルエンザで直前出走回避となった為、急遽参加決定です。つまり拉致。


DSC00697_015.JPG

しかしコヤツ、良く考えたら趣味はマラソンって程の体力バカだったっけ・・・。

ノリノリで参加。笑ってやろうと思ったのに僕よりよっぽど戦力。チクショーヽ(`Д´)ノ


DSC00699_020.JPG

ま、そんなこんなで楽しくやってきましたよ。

ガチンコ参戦のAチームも、ワイワイ参加のBチームも、

なんだかんだで昨年より良い成績を収めることができました。

怪我もなく、爽やかに過ごせた1日でしたねえ。お疲れ様っした!



昨年も書きましたが、年をとると筋肉痛は2日遅れでやってくる・・・との事。

今日は筋肉痛来てないんだけど・・・明日はどっちだ?



■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

おめでとう、タモツ君!

こんばんは(・∀・)ノ

またまたブログを放置プレイしちゃってた蔵人ひろしです。

色々とバタバタしておりまして・・・ゴメンなさい。




さてさて、ここ1ヶ月はいろいろな場所で

試飲会やお酒の会をさせて頂いておりました。

参加して頂きました大勢の皆様、本当にありがとうございました。

ブログで紹介しきれず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

(単に更新をサボってた・・・とも言えますが・・・)




ほんの一部ですが、せめてチラっと写真だけでも紹介しちゃおうかな。

997_050.jpg

これは栃木市の「旬香房 楽樹」さんでのお酒の会の様子。

終了後のスタッフ打ち上げの際の写真を、

この会をプロデュースしてくれた西屋酒店さんに頂きました。感謝。

大将のお料理美味しかったです。ゆーこりんも可愛かったです(謎笑)

P9180094_020.JPG

栃木県知事さんや宇都宮市長さんにIWC受賞の報告に行ってみたり・・・。

力強く激励のオコトバを頂きました。そして純・栃木産での受賞を喜んで頂けました。

さすがに緊張しましたが、両氏ともフレンドリーかつアダルティーな素敵な方でした。

DSC00541_015.JPG

これは京都の「まつがさき商店」さんで行ったプチお酒の会ですねー。

突然のゲリラ開催だったのに、大勢集まってくれてありがとね。

ちなみにまつがさき商店の店主・たくちゃんは僕の大学時代の同級生だったりします。

DSC00548_012.JPG

そしてこれは世界遺産・京都下鴨神社で開催された、

酒サムライ主催・IWC2010メダル受賞酒利き酒会の様子。

次の日はしっかりお酒の神様・松尾大社にもお参りに行って来ましたよ。

これで今年も安心してお酒造りに臨めますね。




他にもいっぱいいっぱいイベントさせて頂いてたんですが、

写真を撮る余裕もなく・・・。うむむ。

一例をあげれば、千駄木の「稲毛屋」さんでお酒の会をさせて頂いたり、

四ツ谷の銘酒居酒屋「酒徒庵」さんで栃木の酒フェスティバルを開催して頂いたり、

神田・新橋の某有名居酒屋さんの店長さん方と、長野の某銘醸蔵に

「たのもー」とばかりに乗り込んでみたりだとか(結果:迎え討ちにあって撃沈)。

いやー、充実してましたねえ。・・・ブログは書けませんでしたが(まだ言うかw)





しかも、最近は英語でのお問い合わせに対応する機会が多くなってきちゃったりとか、

もうちょっとしたパニック状態ですよ。英語勉強しときゃよかったですよ。ハイ。

ま、なんだかんだでもうすぐ平成22酒造年度の酒造りに突入です。

酒造り同様、ブログ更新もがんばっていきますね。





あ、そうそう。蔵内のめでたいオハナシをもうひとつ。

一昨日、副杜氏・タモツ君がめでたく結婚いたしました

DSC00674_015.JPG

しっかし美人の奥様ですねー。しっかしデレデレしてますねー。

10年前、彼を某居酒屋でスカウトしてからというもの、

彼とは様々な酒造りの苦楽を共有し、共に歩んできましたんで、

実の弟の結婚式みたいな感じで、感慨深いものがありましたよ。

ま、なにはともあれ、本当におめでとう!

※ちなみに澤姫には、もうひとり独身の蔵人がおりますです。
 なかなかイイ奴ですが彼女はおりませんですです。
 興味のある女性の方おられましたらウチの会社までご連絡下さいませませ。
 



それでは皆様、

最高の伴侶をゲットしたタモツ君の今年の活躍に期待してて下さいね!

あ、今年の澤姫の新酒が あまーく なったら彼のせいだと思います(*´∀`)


■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ただいまっ!

こんばんは(・∀・)ノ

帰国した次の日はムスメ&ムスコの保育園運動会でした。

時差ボケもあり、動いても無いのにヒーヒー言ってた蔵人ひろしです。






え〜、こちらのブログでも速報的にお伝えしてきましたが、

おかげさまで、インターナショナル・ワイン・チャレンジ2010(IWC2010)では

SAKE部門「吟醸酒・大吟醸酒の部」にて

栄えある最高賞「チャンピオン・サケ」を獲得することができました。

(日本語版結果詳細はこちらをご覧下さい→酒サムライ公式サイト

地元・栃木産の米・酵母・仕込水を使って醸した大吟醸酒での受賞だけに、

喜びもひとしおです。てか、今になって感動がじわじわ来てます。

地味〜に澤姫公式ホームページのTOP画像をIWC受賞モードに更新しました。

良かったら見て下さいね。

そして応援してくれた皆様、ホントにありがとうございました(*´∀`)







あの感動的な受賞式の雰囲気を、なんとか皆様にお伝えできないかと思ってたら、

International Wine Challenge公式サイト

TOPページにYouTube動画が上がってました。

受賞式ハイライト動画のようですね。



残念ながら澤姫は映っていませんでしたが、雰囲気はお分かり頂けたかと思います。

正直、夢の中の世界にいるようでした。圧倒されまくりんぐでした(*´д`*)




帰宅したら祝電やお花、メッセージがいっぱいで。

現地ブログ更新中の励ましの書き込みも含め、ホント嬉しかったです。

地元のとちぎテレビさんでは実況に近い報道もして頂きましたし、

フジテレビさんの動画ニュースサイト(残念ながら現在は見られなくなったようです)や、

日テレさんの動画ニュースサイト、そして地元の下野新聞さんのホームページなど、

数々のメディア等でも取り上げて頂いたようですね。まさに浦島太郎状態です。






重ね重ね申し上げますが、キレイ事言ってるワケでもなんでもなく、

僕らの今回の受賞は、単に僕たちだけが得た栄冠だとは思っていません。

地元・栃木の酒米生産者の皆さんや、県内酒造指導機関の諸先生方、

常に上を目指し互いに情報交換をしていた県酒造組合の先輩方や仲間達、

このお酒の造りに携わってくれた澤姫サポーター&助っ人蔵人の方々、

酒販店様を始めとした流通業者の方々、陰ながら支えてくれた家族、

何より、僕らの挑戦を暖かく見守ってくれた消費者のみなさま方、

すべての皆様の協力があって勝ち得た、

チーム栃木での受賞であると思っています。

澤姫はそういうお酒です。そして、それこそが我々の製造コンセプト「真・地酒宣言」。

だからこそ、そのようなカタチでの今回の受賞を、僕は心から誇りに思います。







「信は力なり」

ちと古いですが、僕の大好きなTVドラマ『スクール☆ウォーズ』で

山下真司さん演じる「泣き虫先生」ことタキザワ先生が泣きながらそう言っていました。

僕は、今も昔も地元・栃木県産米のポテンシャルはトップクラスであると信じています。

そして、その信念はこれからも変わる事はありません。

栃木に生まれた蔵人だからこそ、

僕たちだけにできる信念を愚直に貫いていこうと思っています。






蔵の周りの田んぼでも、稲刈りが始まりました。

蔵人として、また新しい戦いのシーズンが始まろうとしています。

僕達の夢には決して終わりなんてありません。

ちっぽけな蔵だけど、夢だけはメジャー級だからね。

だから新たな夢に向かって、最後にもう一度叫びたい。




「信は力なりです!!」

K201009080070.jpg

みなさま、本当にありがとうございました。

(※最後の写真は下野新聞様サイトよりお借りいたしました)


■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 00:52| Comment(12) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ロンドン行ってきます。

こんばんは(・∀・)ノ

家族サービスでNHK「おかあさんといっしょ」元うたのおねえさん

はいだしょうこさんのコンサートに行って、

ムスメとムスコより盛り上がってしまった蔵人ひろしです。

はい。行くからには精一杯楽しみ尽くし、しゃぶり尽くすのが僕のポリシーです。




さてさて、いよいよ明日からロンドン出張です。

再三おハナシしちゃってますが、改めていきさつを説明しちゃいますと、

イギリスで行われた世界最大級の酒類コンテスト

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2010

SAKE部門「吟醸酒・大吟醸酒の部」にて

ウチの製品「澤姫 大吟醸 真・地酒宣言」が

ゴールドメダル&トロフィーを獲得したことで

恐れ多くも現地まで行って表彰式に出席してくる流れとなったワケです。

う~む・・・なんだかんだで早いモンですねえ。




表彰式は現地時間で7日の18時から24時という長丁場。

紋付袴着るんで、無事オシッコ出来るかが心配(*´д`*)

それはさておき、その表彰式セレモニーの会場では、

SAKE部門の5つのカテゴリ毎に1本づつ、

最高賞「チャンピオン・サケ」の発表も行われます。

その賞に関しちゃ正直どうなるかわかりませんが、緊張しますね。

まあ結果云々に関わらず、全国の名だたる銘醸蔵さんと一緒に、

この夢の舞台に立てる喜びをかみしめながら、

栃木代表・日本代表として堂々と胸を張って行ってきたいと思ってます。

最終ノミネートされたトロフィー受賞酒一覧はこちら

えと、日本とのロンドンの時差はマイナス8時間だから、

日本時間の8日朝には最終結果が出揃ってることになりますね。

ケータイの調子が良ければこのブログで結果速報するかもです。





ちなみに表彰式の次の日は在英日本国大使館で、

現地の流通業者さんを対象とした日本酒試飲会を行うそうです。

その夜は市内の高級日本食レストランで日本酒パーティの予定も。

そんなワケで、慌ててこんなモン作りました。ついさっき完成しましたです。

2.jpg

なんちゃって英文パンフ。ツッコミは無しの方向でお願いします。

これでも精一杯作ったんだぜハニーヽ(`Д´)ノ

しかし普通、大使館なんて現地でパスポートでも無くさない限り行けないよね。

キチョーな経験だ。

でも絶対入り口で不審者扱いされて警備員さんに止められるだろうなあ・・・。





そんじゃ、ま、行ってきますかね。

ちなみに今回はひとり旅です。他のお蔵さんとは現地集合です。

明朝4時宇都宮発の成田行き高速バスに乗らにゃならんので、

チキンハートの僕は今夜はもう眠れません。

次回のブログタイトルを「飛行機乗り遅れました・・・」にするワケにゃいかんですから。




・・・しかし荷物重いね(´・ω・`)



■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

いざ酒の会!カキと巨匠とウナギツアー!

おはようございます(・∀・)ノ

IWC表彰式のときに着る紋付袴の着付け方法

直前になってもなかなか完全に覚えられない蔵人ひろしです。

・・・日本人として、粋に着てみたいんですけどねえ。





さてさて、先週末もお酒の会出張ツアーでありました。

コーディネート役の西屋酒店さんと小山駅で合流。

ローカル線でゴトゴト東京に向かいながら、しばし子育てトーク等で盛り上がる我々。

あ、遅ればせながら西屋酒店店主・Kさん、ご長男誕生おめでとうございます(*´∀`)




んで酒の会会場に着く前に、四ツ谷でちょいと寄り道。

ガリガリ君が世界一似合うことで有名な巣鴨の大将Tさんと、

その美貌と強肝臓で有名なHさんと合流。

来月、栃木の酒の会でお世話になる酒徒庵さんに突入。

ご挨拶がてら軽く一杯のつもりで、

Kさんが「お酒と軽くツマミを・・・」って頼んだ時、

酒徒庵店主・T口さんの目がキラッと光った事を僕は見逃しませんでした。



100828_170622_070.jpg

・・・母さん、やっぱり東京はスゴイ所です(*´д`*)

写真にゃ一枚のお皿しか写ってませんが、複数枚ありました事を報告しておきます。






んで、生まれて初めて生ガキでお腹いっぱいになった我々は、

いよいよ今夜の舞台に到着です。遅刻しかけてタクシー移動したのは内緒。



100828_185202_070.jpg

東麻布 逢坂さん。 隠れ家的スポットとして、人気TV番組「アド街ック天国」で

東麻布1位にランキングされ紹介されたのも記憶に新しい名店です。

しかも僕らが行った時もTV撮影クルー入ってるし!

・・・近々、またゴールデンタイムの某人気番組にて紹介されるそうです。

というワケで「逢坂」店主のO坂さんの事は、今後「巨匠」と呼ばせてもらいます。

理由はそのうち解るんじゃないかな。某TV番組で(笑)





えと、今回のお酒の会は、

同じ栃木県の「桜川・辻善兵衛」の辻君とのコラボ企画だったんですが、

100828_181917_070.jpg

こんなタイトルがついてました。「暑っ苦しい会」。ナンデストー?

僕ら地元じゃ甲乙つけがたいクール・ガイで通ってんだけど。(ウソです)

まあ僕らの体格のせいなのは言うまでもありませんね。しかも真夏ですし。

サブタイトルには「栃木から2匹のクマさんをお招きします」って書いてありました(笑)





100828_222714.jpg

ハイ。こちらが真夏の東麻布にて捕獲された2匹のクマです。

餌付けの決定的瞬間。互いに捕食してます。がおー。




暑っ苦しい会という事で、この日のお料理は通常の逢坂スタイルとはちょいと離れ、

熱烈四川系中華料理主体でした。

中にはグラグラ石鍋で煮えたぎる激辛麻婆豆腐なんかも。

しかし品良くクールに提供されていくのはさすが逢坂クオリティ

上品に、かつ日本酒に合うように工夫されているようでした。さすが巨匠!




それともう一つ驚いた事は、こんな切り口のイベントなのに関わらず、

お客様が女性中心だったことかな。

100828_201837_070.jpg

しかも揃いも揃って美人さん。テディ・ベアとか好きなんでしょうか?

カウンターは清涼感いっぱい。東麻布ってやっぱステキな場所だわ〜(*゚∀゚)=3

あえて前半はワイングラスで吟醸系って趣向もイケてましたね。






100828_224903_070.jpg

今回のお酒は西屋酒店セレクションです。完売した限定酒もあったり。

「暑っ苦しい会」なので原酒中心のラインナップでした。

迫力あるデジタル一眼を前に緊張したのか、ピンボケまくるマイ携帯カメラでした。





100828_225304.jpg

巨匠ことイケメンくま店長、O坂さんのお顔は店頭、またはTVでお楽しみ下さい(笑)

この日もお客様ひとりひとりとお話ができ、アットホームな雰囲気で楽しい会となりました。

西屋さん、巨匠、逢坂スタッフの皆さん、手伝ってくれた巣鴨の番長&Hさん、

そしてこの会にお越し頂きました全てのお客様に感謝。またクマさんを呼んで下さいね!

余談ですが、辻クマさんは遅刻して生ガキにありつけなかった事を

最後まで悔やんでしたようです。カワイイ奴だ。





そして次の日は千駄木のウナギ屋さん・稲毛屋さんに伺い、

ご挨拶をかねて昼酒ランチ。前の日3時まで呑んでたのにね(笑)

アポなし、しかもお昼から満席に近かったのに入れて良かったなあ。

100829_115712.jpg

たまたま通して頂いた席に、偶然ウチのクラシック前掛も飾ってあって感激。

ちなみに稲毛屋さんでは、今月末に栃木の酒3蔵(松の寿・辻善兵衛・澤姫)のイベントも

予定されています。既に満席キャンセル待ち状態との事。ありがたやありがたや。

昼からウナギを食べながら澤姫の山廃純米のぬる燗をゆるゆると楽しみつつ、

今回の出張を終えた蔵人ひろしでした。ちゃんちゃん。



■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 12:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

アイドル製造計画?であります。

こんにちは(・∀・)ノ

昨晩ムスメに、一緒にオフロ入るの嫌がられて傷心気味の蔵人ひろしです。

・・・まだ2歳だからね。ほんの気まぐれだと信じたい。・゚・(ノ∀`)・゚・。





100827_112804.jpg

さてさて、昨日今日の2日間、僕たち澤姫蔵人は、

栃木県産業技術センターにて行われた

栃木県酒造従業員の夏期酒造講習会に参加してきました。





通常の座学はもちろんですが、利き酒トレーニングがあったり、

先日の全国新酒鑑評会に審査員として参加された方の体験談を聞いたり、

この秋行われる、関東信越国税局主催清酒鑑評会の

レギュレーション変更について鑑定官室長から説明があったり、

来月の酒々楽杯従業員利き酒選手権大会の

事前プレーオフを兼ねた利き酒テスト&ペーパーテストがあったり、

ちょっとしたグループワークがあったりと、けっこう盛り沢山な内容っす。




・・・ちなみに酒々楽杯は、上位入賞者に酒造組合から

副賞として金一封がでちゃうので、ペーパーテストと利き酒テストは

みんなガチで勝負をかけてきます。目の色が違うぜベイベー。

僕はスケジュールの都合で、酒々楽杯出られないんでちょっと残念なんですが。

そんなワケで今年は蔵人タモツ君とヨーヘイ君に期待ですね。

個人戦だけでなく澤姫チームの団体戦王座奪回も期待してますよ。

僕がいないから団体優勝できた・・・ってのも困りますが(*´д`*)




そんな中、なにげに面白かったのが本年度より導入されたグループワーク。

蔵の壁を越えてチームをつくり、ひとつのテーマにそってディスカッションし、

得られた答えをチームごとに発表するっていう古典的な方法ですが、

これが意外と新鮮に感じられましたねえ。




ちなみに今年のテーマは「次世代の日本酒ファンを育てる」

はい。漠然としたテーマですね。

しかしこれは少子高齢化が進む現代の日本で、飲酒世代も高年齢化している現状もあり、

僕らの業界では避けちゃ通れないテーマなんですよ。




といってもさ、未成年者にアルコール呑ますワケにゃ当然イカンし、

昨今の成人式会場で美味しい日本酒ふるまったりでもしてみたら、

もしかしたら酔っ払って暴れちゃう新成人の子が一部いたりするかもしれないしね。

そんな感じで、イメージ戦略から入ってたグループが多かったかな。

超人気アイドルをCMに起用・・・とか予算的にムチャなのもあったけど。

なかなか考えさせられるものや面白いアイデア出したチームもありましたよ。

ま、実際に現実世界で実行に移していくワケじゃなくて、

単なる仮想プレゼンテーションに過ぎないんだけど、

こういうのってさ、大の大人が大真面目にいろんな事考えるから楽しいのね(*´∀`)






中でも特に笑えたのは、アイドルユニットを誕生させちまえって案。

各社から美人社員や美人蔵人引っ張り出して来て、14人集めてユニットを作り、

栃木地酒の超手前ミソな宣伝活動をやらせちゃおうってオハナシでした。

ユニット名は・・・わが県オリジナル酒造好適米「とちぎ酒14」にちなんで、

「TSK14」(てぃーえすけーふぉーてぃーん)・・・ですと(*´д`*)




ちなみにこの案出したのは某社の50代の酒造従業員さん。

センターに某酒造会社の○○ちゃんは外せない!とか、

デビュー曲には

「呑みたかった〜呑みたかった〜呑みたかった〜♪イェィ♪」って歌わせるとか、

チカラいっぱい豪語されておりました。うん。暴走だねお父さん。

この栃木の秋元康センセイはこれからドコに向かうのでしょうか。





産業技術センターの先生に言わせると、このグループワークの真の目的は、

固すぎない自由な雰囲気をつくることで、会社の壁や立場の差をとっぱらって、

今後の活発な意見交換を促すってコトにあったようです。

まあ、ブログ読者のミナサマも賛否両論ありましょうが、

僕はこんな栃木県のゆかいな蔵人仲間達を誇りに思ってたりもします(`・ω・´) b



■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■



posted by 蔵人ひろし at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

IWC受賞が凄いハナシになってきちゃった件

こんにちは(・∀・)ノ

先月末から、ヨメがムスメとムスコ連れて里帰りしています。

・・・いやいや、ケンカしたワケじゃなくってですね(*´д`*)

なかなかミルク断ちができない2歳のムスメの為の

ミルク断ち合宿みたいな意味が強いんです。

環境を変えたおかげで、そっちは順調に進んでるみたいね。

今日、これからヤマガタの実家に迎えに行くことになってるんですが、

1歳のムスコに存在自体を忘れられてるんじゃないかと

大マジで心配している父親・蔵人ひろしです。

F1000231.jpg

そして・・・ヨメから送られてくる写真を見ると

なんだかちょっと見ない間に大きくなってるような気もします。ううむ。










あ、んと、大切なコト皆さんに報告し忘れてました。

先日のIWC2010の件の続報ですが、6月30日深夜に、

ゴールドメダル受賞酒の中から、もう一段階上の賞が発表になりまして・・・



・・・『トロフィー』頂いちゃいました。いやマジで。

iwc.jpg

(『インターナショナル・ワイン・チャレンジ2010(IWC2010)』
公式サイトへのリンクはこちら)


(日本語版IWC2010結果一覧が載っている
『酒サムライ』公式サイトへのリンクはこちら)




今回はゴールドメダル受賞酒が、すべてトロフィー対象になったっぽいですね。

SAKE部門、ゴールドの受賞率厳しかったもんなあ。年々出品本数増えてるだけに。

まあこれで、澤姫も晴れて

チャンピオン・サケの最終候補になりましたとさ。

どうやらロンドン・・・行くことになりそうです。




ちなみにIWC受賞式『IWCアワード・ディナー』の様子が知りたくて

いろいろと検索してたら、こんなyoutube動画みつけちゃいました。



IWC2008のチャンピオン・サケに輝いた『出羽桜』さんのCMみたいですね。

結果はともあれ・・・なんか僕、激しく場違いな気がするんですが・・・(*´д`*)


■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

グッバイ・マイ・アイドル

こんばんは(・∀・)ノ

やっぱり健康診断で飲むバリウムは苦手な蔵人ひろしです。

直前に飲むシュワシュワの粉末発泡剤がクセモノなんだよな・・・。

今回は飲むの1回で済んだだけOKですが(笑)





さてさて、ちょっと遅い話題ではありますが、

サッカー日本代表、残念ながら負けちゃいましたけど

ものすごい感動を残していってくれましたねえ。

あの大舞台でのPK戦の死闘、確かに結果として負けはしましたが、

そこから得た物は彼ら選手達・・・そして日本サッカー界にとって

とても大きなものがあったのではないでしょうか。

なんて言うか、本当に充実した顔してたよね。

一時は連日、不協和音が報じられた時期もあったけど。






僕らの業界にも、古くから「和醸良酒」ってコトバがあります。

文字通り、蔵人の和が良い酒を造り出すって意味なんですね。

その言葉は僕も大切にしているつもりです。

しかし、「チームワークってのは慣れ合いじゃない」ってのも

僕の杜氏としての持論でもあります。

ヒジョーにサジ加減が難しいハナシではありますが、

上辺だけの付き合いじゃ、本物のチームは出来ないんじゃないかって意味。

チームとして互いに向上していくには、歯に衣を着せない議論も大切だって思います。

たとえ一度は衝突したとしても、

皆が同じ方向を見て進んでいこうとする確固たる信念と姿勢があるならば、

その苦しみの過程は決して無駄にはならないはずだと。

ほら、男って子供の頃から、喧嘩して仲が良くなるってコトあるじゃないですか?

そうやって生まれた真のチームワークは強いよ。本当に。

そして初めて、闘いを楽しめる領域にチームとして突入できる。

まだまだ若造でハンパ杜氏の僕ですが、つたない自分の経験からそう実感しています。




きっと、あのサムライブルーのメンバーも、

今回のワールドカップ直前の、結果が出ずにあがいていた時期に、

きっと僕なんかがこんなハナシをするのもおこがましい位に、

もっともっと大きなスケールの「産みの苦しみ」を味わったんだろうね。

国家代表として、想像できないほどのプレッシャーを背負いながら闘ってたんだろうね。

そして、彼らは本当のチームになった。

だからこそ出た敗戦時の涙。帰国記者会見での清々しい笑顔。

僕らのいる舞台とは全然スケールが違うんだけど、感動だけじゃなく共感も覚えました。

サッカー日本代表、本当にお疲れさまでした。

前に進む勇気を貰った気がします。僕らももっともっと頑張らなきゃね!






そして、「お疲れさま」がもうひとつ。

僕にとってのアイドルが天に召されました。


oguri.jpg

ありがとう。そしてさようなら。オグリ。

あのラストラン有馬での感動は永遠に忘れない。


■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

お詫び申し上げるであります・・・

おはようございます(・∀・)ノ

今日は一言どうしても言っておかなければならない事がある蔵人ひろしです。




岡ちゃんごめんなさい。ごめんなさいごめんなさい。

DSC00885_025.JPG

さすがに3戦全敗とまでは言いませんでしたが、

これほどまでの感動を頂けるとは思いませんでした。

旧モデルですが今夜はコレ着て死ぬ気で応援します。頑張れサムライジャパン!





いや〜、あっという間に6月も終わろうとしてますねえ。

今月はハードに突っ走ってまいりましたよ。

池袋での日本酒フェアや、京都の烏丸三条・新風館にあるオシャレなお店

カフェサロン烏丸店」さんで行われたまつがさき商店Presents楽酒会への参加、

すぐさま深夜高速バスで帰ってきて地元百貨店での父の日試飲販売会に出席したり、

他県の酒の会視察、群馬での夏期ゼミナールやヤマガタ帰省などなどなど・・・。

ブログのネタには事欠かない毎日でしたが、チカラ不足で更新できず申し訳ないっす。

zakumaru.jpg

これは先週の日曜日、横浜「旬菜 坐久丸」さんでの澤姫の会の様子です。

素敵なお店に素敵な地酒ファンの方々が集まり、超アットホームで楽しい会でした。

その他、残念ながら紹介できなかったイベントも多いんですが、

各地で大勢のみなさまに刺激と笑顔とパワーを頂いてきました。

どうもありがとうございました。




そして、報告なんですが、

澤姫 大吟醸_025.JPG

IWC2010ゴールドメダル受賞の件で多数のお問い合わせを頂いております、

「澤姫 大吟醸 真・地酒宣言」ですが、おかげさまで好評につき、

720ml・1.8Lともに上半期予定販売数量が蔵元完売となってしまいました。

本当にありがとうございました。

10月1日「日本酒の日」より、少量ですが下半期分の限定販売を致しますので、

大変ご迷惑をお掛けしますがどうぞご理解の程を宜しくお願い致します。




また、本年度果敢にも県産米100%の純米タイプで各種新酒鑑評会に挑んだ話題作、

「澤姫 純米大吟醸 鑑評会出品酒」が正式発売開始となりました。

澤姫 純米大吟出品酒_025.JPG

春の県吟醸酒研究会で、純米、しかも県産米100%使用でありながら、

銘醸蔵「惣誉」さんと同点1位を分け合った意欲作です。

こちらもどうぞ宜しくお願い致します。ちなみに来年のIWCはコレを出品する予定です。




また、「とちぎ酒14」に続く栃木県オリジナル新酒造好適米開発も順調です。

早ければ2年後、大吟醸造れちゃうようなイイ品種が出来ちゃうかもしれません。

どうぞ併せてご期待下さいね!





さ〜!今夜のパラグアイ戦。皆さん張り切って応援しましょうね〜!!



■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

世界標準?地域標準?

こんばんは(・∀・)ノ

ついに開幕になりましたね、2010・FIFAワールドカップ南アフリカ大会。

DSC00862_015.JPG

今、まさに開幕戦の南アフリカvsメキシコ戦を

TVでナマ観戦しながらブログ書いてる蔵人ひろしです。

いや〜、さすがに凄い雰囲気ですね。でもちょっと異様な感も。

南アフリカサポータの使ってるインチャホーンみたいな楽器?

ブルセラ?(違) ブブゼラっていうの?すっげえ音w

こりゃ選手同士の声は通らないだろうし、先制されたメキシコは大変でしょうねえ。

DSC00867_015.JPG

なんだか昔の日本リーグの応援で使われてたチアホーンを思い出しました。

・・・あれ、確かうるさすぎて使用禁止になったんですよね。懐かしいわ。

ラモスだったかな?『ブーイングか応援かわかんねえよ』って怒ってたし(笑)

たぶんこの大会中、ブブゼラ使用の是非については

世界中のサッカーファンの間で物議をかもすことになるでしょう。

でも個人的にゃOKだと思ってます。応援に地域性があっていいんじゃない?

最近はよく「世界標準」ってコトバを耳にしますが、

地元をこよなく愛する地酒職人の立場からすれば、

その地域のスタンダードな価値観ってのも尊重したいと思っています。

・・・もちろん、極端なマナー違反とかでしたら論外ですがね。





あ、そうそう。先日のIWC2010ゴールドメダル受賞の件で、

地元の下野新聞さんに記事で取り上げて頂きました

さっすが地元シェアno.1のメディアさんだけあって、

大勢の知り合いが見てくれたようで、沢山のお祝いの言葉を頂きました。

・・・某衆議院議員さんからも祝電を頂いちゃったりで(*´д`*)

皆さん、どうもありがとうございました。





さてさて、今日は前回のブログ記事で予告した通り、

先日行われた全国新酒鑑評会の総括ってな感じのコトを書こうかな。

・・・今更って感じもありますけどね。もう6月だし。遅くてゴメンなさい。

今年は残念ながら、我らが栃木県勢の結果はあまり良くありませんでしたねえ。

ていうか、信越を除いた関東全体の成績も例年に比べて思わしくありませんでした。

逆にどえりゃ〜成績を残したのは、秋田・福島をはじめとした東北勢。

最初に成績一覧表を見た時は衝撃をうけたもんです。


CIMG1810_015.JPG

ま・・・結果は結果として謙虚に受け入れなきゃならんと思いつつ参加した、

広島県での製造技術研究会(出品者向けの公開きき酒会)で感じた事は

決して関東勢のレベルが劣っていたわけじゃないって事でした。

例年に比べて酒質が異常だってこともなかったしね。この点についてはひと安心。



CIMG1809_015.JPG

ただ、明らかに感じたのは、

従来の関東の王道型吟醸酒ってな感じのタイプ、

具体的に言えば、華やかな香りとソフトな甘味があり低酸で、

味わいの軽さに由来する後味のキレ味の良いタイプの吟醸酒ってのが、

今回の鑑評会ではあまり評価対象にならなかったようです。




逆に評価を受けていたタイプ、つまり上位入賞酒に多かったタイプってのは、

味わいに何らかのメリハリ・シマリを持たせたタイプでした。

特に目立ったのは、軽い酸味で心地良いハリを持たせたタイプ

嫌味にならない程度の上品な吟醸香があり、

味わいの濃淡って点では様々なものの、何かしらの絶妙なアクセントを有し、

余韻をキュッと引き締める要素を持ったお酒が

今年の上位入賞酒に多かったなって感じました。

その辺を上手に表現されていたのが前述の東北勢でしたね。見事でした。




確かに吟醸香が高すぎたりするお酒は、呑み飽きの要因にもなりますし、

ソフト過ぎて繊細な味わいのお酒っていうのは、

ピーキーで酒質が崩れやすかったりするとも一般的に言われていますので、

市販酒の品質向上につなげるといった鑑評会の本来の意味を考えると、

今年の審査傾向ってのはヒジョーに納得がいくハナシでもあります。

まあ・・・確かにちょっと極端すぎる感じもありましたけど(笑)

今回残念ながら評価されてなかったお蔵さんでも、

意識の高いお蔵さんに関しては、自社の酒の特性をしっかりとつかみ、

それなりに酒質を安定させるノウハウを持ってらっしゃるしね(*´∀`)





どんな鑑評会・コンテストであっても、

審査員さんがいらっしゃる以上、必ず受賞傾向ってのは出てきます。

もちろん、出す以上はガチンコで勝ちにいくってのは、

常に僕の基本的な考え方・スタンスでもあるワケなんですが、

だからと言って、傾向に単純に対応していけばいいってのは

安易すぎて、ちょっと乱暴で危険な考え方になっちゃうんで違うのよね。

自社製品コンセプトのブレにもつながりかねませんし。

自社の特徴や地域の伝統的な味を、何かしらの形で芯として残しつつ、

足りない部分を少しずつ補い、鑑評会にアジャストさせていくってのが理想です。





さっきのワールドカップの応援のハナシにも繋がりますが、

決して「世界標準」っていうのに合わせる必要はないと思うんですよね。

ブブゼラみたいな地域の特徴的応援スタイルの象徴を排除するんじゃなく、

マナーを守った上で、メリハリのきいた形で今後も上手に使っていく。

ありゃ武器だよ。将来VTR見ただけでどこの大会かすぐ解るよ(笑)

最終的にその地域が確立させた「洗練された地域標準」ってのが

世界を席巻させたら魅力的だと思うんだよね。お酒も応援も。





てか・・・僕が鑑評会の傾向について語ってもあまり説得力ありませんよね。

単に受賞する為の有利不利ってだけなら、そもそも

地元産米を100%使った純米大吟醸タイプで出してませんし(・∀・)

でも、そのコンセプトで金賞を獲られたお蔵さんも

広〜い全国には実際にいらっしゃるからミゴトの一言ですよ。

秋田県の「新政」さん。長野県の「信濃鶴」さん、「松尾」 さん。

僕の知るかぎりですが、少なくとも上記のお蔵さん方は、

地元米100%使用の純米大吟醸出品で第T部金賞を獲られてます。

6月16日、東京・池袋のサンシャインシティで開催される

日本酒フェア」入賞酒公開利き酒会に参加される方は要チェックですぞ!





まあ、何にしても、

結果として鑑評会出品から得るものはヒジョーに大きいワケです。

受賞云々は別として、自社の製品の品質・クオリティをより高めていくために、

何かしら考える要素は必ず出てきますからね。

「出品してそれで終わり。後の結果は時の運」ってスタンスだけじゃ、

品質や技術の向上にゃ絶対つながんないと思うんですよね。

今年もいい勉強させてもらいましたよ。ハイ(`・ω・´)





あ・・・いつの間にか南アフリカ追いつかれてる。1-1ドローで終了?

・・・まだまだブブゼラ応援にも洗練の余地があるようですねえ。・゚・(ノ∀`)・゚・。


■□■一日一発?蔵人に愛のクリックを!⇒人気ブログランキング■□■
posted by 蔵人ひろし at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵人の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蔵人に愛のクリックを!⇒◆人気ブログランキング◆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。